地震保険の割引制度

地震保険の割引制度について

日本が地震大国であることは、最早周知の事実です。 それ故に、いつかは大地震があり、自分の所有する建物が危険に晒されることはわかっているはずです。 それにも関わらず、地震保険に加入しない人がいるのはなぜでしょうか。

 

喜ぶ

理由はそれほど難しくなく、地震保険にかかる保険料を払いたくないがためでしょう。 確かに、いつ起こるかわからない大地震にわざわざお金をかけたくないという気持ちはわからないでもないです。 しかしながら、実際に大地震が起きて生き延びても、住む家がなく残ったのは住宅ローンだけなんてことになったら目も当てられません。

 

地震保険には割引制度がありますので、そういった割引制度を利用して安くすることも可能です! ぜひ割引制度を利用して、地震保険に加入しましょう! 地震保険では、以下のような割引があります。

 

1.建築年割引 建物が昭和56年6月1日以降に新築された建物の場合、保険料が10%割引になります。

2.耐震診断割引 建築基準法の耐震基準を満たす建物は保険料が10%割引となります。

3 .耐震等級割引 国土交通省が定める基準を満たしていて、耐震等級を有している建物は保険料を割引できます。 耐震等級1で10%、耐震等級2で30%、耐震等級3で50%の割引が可能です。

4.免震建築物割引 対象物件が免震建築物の場合、保険料が50%割引になります。 上記の四つの割引制度を利用すれば、10%〜50%の割引を受けることが可能です。 ぜひ割引制度なども利用して、地震保険に加入しましょう!

↑ PAGE TOP