火災保険と地震保険の違い

火災保険と地震保険の違いについて

地震保険は単独の保険ではなく、火災保険に付随している保険です。 そのため、火災保険に加入しておけば大丈夫だろうなんて勘違いする方もいらっしゃるのですが、大きな間違いです。 ここで、火災保険と地震保険の違いについてご説明しましょう。

 

地震2

 

火災保険とは、火災や落雷などで建物に損害が発生した際に補償を受けることができる保険です。 火災保険という名称ですが実際には水害や風災、雹 災、雪災など幅広い分野の補償をしてくれる保険です。 近年では大雨による洪水や土砂崩れ、床下・床上浸水など様々な被害が続出しています。

 

また、一部地域での竜巻被害や雪の重みによる家屋の倒壊、雹による被害と様々な自然災害が発生しています。 火災保険はそうした自然災害や、人災による火災などを補償してくれる保険です。 ただし、火災保険にも例外があり、地震による被害までは補償しないのです。

 

これは、地震という災害の特徴を考えて貰えばわかると思いますが、かなり広範囲に被害が及びます。 火災保険の保険料だけでは、全ての保険加入者をカバーしきれないのです。 そのため、地震に関する被害に関しては別個に地震保険という形で対応しているのです。 火災保険では地震による家屋の倒壊や、地震が原因の火災、地震による津波の被害などは補償してくれません。

 

これら地震が原因で発生した被害に関しては、火災保険い加えて地震保険にも加入しておく必要があります。 また、東日本大震災でもみられましたが、地震による液状化も火災保険ではなく、地震保険でないと補償してくれません。 このように、地震による被害は地震保険でしか補償してくれないのでご注意ください。

↑ PAGE TOP